1才半の娘の虫垂炎が治らず手術をすることになりました。 ― アルファの力体験者の声(25)

■27才 主婦 神戸市在住  

昨年の年末に1才半の娘が「ママ、ポンポン痛い」と言って激しく泣き続けるのです。
顔色も悪く心配で、すぐに小児科に行きましたが「特に異常はない」でした。しかし心配だったので、もっと大きな病院で診てもらう事にしました。すると「虫垂炎」と判明しました。
幸いなことに、まだ初期の段階なので、手術はせずに、抗生剤で治療することになりました。
1、2週間程で治ると言われていましたが、2週間以上経っても、なかなか治らず、ひどくなっていると言われ「このままひどくなると危険なので、来週の段階で治っていない場合は、手術をしましょう!」と言われました。そして、手術の説明を詳しくされ、万が一の時には生命の危険もあると言われました。
病院で手術について聞いた日から、眠る前に娘は、部屋に飾った家族写真をテーブルに並べて、「パパ!ママ!」と指をさして、笑顔で「ありがとう」と言うようになりました。
まるで、お医者様に言われた万が一のことが理解できているようで、その光景を見るのが辛かったです。娘にもしものことがあったら…そう考えると心配で眠れませんでした。
そんな時、母の勧めで高橋先生にアルファ体験をしていただく事になりました。
検査の前に2回していただきました。
不思議にも娘は「痛い」と言わなくなりました。そして病院で検査すると虫垂炎がきれいに無くなっていたのです。お医者さんも手術を覚悟して優秀なスタッフを準備していたのに「奇跡だ。」と言って驚いておりました。
アルファ体験ってすごいですね。本当にありがとうございました。

LINEで送る
Pocket

Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です