やっと子供が授かり無事出産しました。 ― 先祖追慕礼拝 体験者の声(12)


■41才主婦 韓国在住

 親友が韓国にお嫁にいきました。私より年上で今年41歳になります。2度の流産を経験していました。韓国で子供ができないというのは精神的に言葉に言えない様々なプレッシャーや苦しみがあり、子供をすでに授かった私には「自分の気持ちは分からない」と言われてしまい、だんだんと、連絡がとりづらく疎遠になりかけていました。
 本人も産婦人科で色々と相談したり、妊娠の為の努力をしていました。それでも、なかなか妊娠できずにいました。私は2人目を妊娠していましたが、ずっと気になっていました。2人で一緒にママになりたいねと話していましたが、なかなか妊娠の報告はきけませんでした。
 先輩の婦人に相談していた時、ふと、高橋先生が通りかかりご相談させていただくと、「先祖追慕礼拝をしてあげたらいいよ。」とアドバイスをいただきました。そこで親友の父方の祖父母の先祖追慕礼拝をしていただき、私が代わりに代理で参加し、条件を捧げていきました。親友も高橋先生からのメッセージを大変有りがたく受け止め、感謝していました。それから、何と数ヶ月で本当に妊娠したのです。何をしてもダメだったのに先祖追慕礼拝が大きな条件だったと大喜びでした。そして、今月母子共に無事に出産をすることができました。本当に感謝と安堵の思いで涙が溢れてきました。しかもその日は何と私の2人目の子供と同じ誕生日でした!高橋先生に先祖追慕礼拝をしていただき、解放されたご先祖様が本当に喜び、感謝し、そのことを伝えたくて証したくて同じ誕生日にしてくださったように強く強く感じました!高橋先生、先祖追慕礼拝をしてくださり、本当に本当にありがとうございました。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です