追慕礼拝の恩恵は人間的な思慮では計り知れないもの ― 先祖追慕礼拝 体験者の声(38)

■42才 婦人 豊中在住    

最近になり突然不正出血が起こり、それが半月ほど続きました。なかなか止まる様子も見られないので病院を受診しました。
ホルモンのお薬を処方されたのですが、飲み始めてから二日間嘔吐・胃痛がひどく一睡もできない状態になりました。
病院に症状を伝えると、「それは薬の副作用だから、もう飲むのはやめて下さい。」と言われました。
いったい自分の体に何が起こっているのか…と、もうろうとする中で、夢を見ました。

真の神様が黙って座っておられ、内側から神々しく光を放っておられました。すると、すっと席を立たれ、私に向かって「あなたの先祖は韓国人です。半年しか結婚生活を送れず、そのことが恨みになっています。」というようなことをおっしゃられました。
高橋先生に夢解きして頂いたところ、「あなたの旧姓の苗字(カン)は「韓国」の「韓(カン)」に通じる。先祖は高句麗の時代、帰化したもよう。祈った土台の上で清いお水を飲み、アルファ体験を受けなさい。」というおことばをいただきました。

数日後、何の気なしにインターネットで私の家系の起こりを調べてみると、なんと高句麗の時代、百済から帰化した王族の流れであるということが、はっきりと書かれてあったのです。本当に驚きました!高橋先生のおっしゃったとおりでした。
また、真の神様からその事実を夢を通して教えて頂いたことに、驚きと共に恐れ多くもありました。
そして追慕礼拝後、12日間の条件が終わるちょうどその日に、長い間続いていた出血が止まったのです。
追慕礼拝の恩恵は、想像以上に深く、人間的な思慮では計り知れないものなのだとつくづく思います…
感謝の思いでいっぱいです。ありがとうございました。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です