ガンが消えて無くなったのです。 ― アルファの力体験者の声(26)

■62才 主婦 大阪府在住  

昨年の11月、以前から尿に違和感を感じていたので検査をしました。
検査の結果、尿道管か膀胱、あるいは腎臓にガンの疑いがあると言われ、疑わしい部分の手術をしました。
術後しばらくは良いものの、また調子が悪くなり入院治療、そして退院と、昨年1年間はほとんど入退院のくり返しでした。
今年に入り、先月病院から電話があり、膀胱に腫瘍がある。これがおそらくガンであろうと言われ、入院するようにとの事でした。
私はいつもご先祖様が喜んで下さると聞いて、命日の時には先祖追慕礼拝をお願いしてきました。
丁度4月に父親が命日だったのでお願いして先祖追慕礼拝をして頂きました。
その時に主人の病気の事を高橋先生にお話ししました。すると「ご主人がアルファ体験をする事はできませんか?」とおっしゃられましたが、主人は私の言うことは一切耳を貸さない人なのです。
そこで、まず私がアルファ体験をして頂く事にしました。するとその夜、いつもなら寝つきが悪く眠るのに1~2時間かかっていたのに、いつの間にかスーっと寝ていました。そしてあくる朝もいつも疲れがとれないで辛い思いをしていたのに体がとても軽くなったのです。不思議でした。
そんな私の様子の変化を見ていた主人に思い切ってアルファ体験の話をして「あなたもどう?」と聞くと「信用してないけど、体験してもいい」と言ってくれたのです。そしてお願いして早速アルファ体験をして頂きました。
高橋先生が「手術の前に3回来て下さい」とおっしゃって頂いたのでそのようにしました。
手術してみると、あったはずの腫瘍がなくなっていたので3人の先生が不思議がっていました。そうです、ガンが消えていたのです。
主人も「高橋先生のおかげや」と大変喜んでいました。
感謝感謝でいっぱいです。ありがとうございました。

LINEで送る
Pocket

Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です