本当の祈り、本当の供養を実感しました。 ― 先祖追慕礼拝 体験者の声(31)

■50才 主婦 

 初めて先祖追慕礼拝をしていただきました。
彼女はその時、「言葉に言えないほどの衝撃を受けた」と言われておりました。
もうすぐ100日という時に、おしゅうとさんの先祖追慕礼拝をしていただきました。
彼女は葬儀会社(セレモニーホール)の仕事をしており、たくさんの僧侶の読経を聞いてきておりました。
嫁ぎ先も檀家総代の立場にあり、それは立派な葬儀でおしゅうとさんを送り出したと言われていました。ですから先祖追慕礼拝と聞いても、あまりピンとこなかったけど 良い事ならば…という思いで足を運んで来たそうです。
高橋先生が入場してこられた時のオーラとパワーの強さを感じ、更に式がはじまって読経されると、その威力に度肝を抜かれ、「高橋先生の霊界を切り開いていく様な読経の迫力に、とても驚かされました。」とため息をつきながら「すごすぎる、すごすぎる」と何度も何度も言われておりました。
多くの葬儀にたずさわってきた彼女ですが、「本当の祈り、本当の供養を実感しました。」と言われ、先祖追慕礼拝のすごさを知り、ご縁が持てて本当に良かったと、大変喜ばれておりました。
ありがとうございました。

LINEで送る
Pocket

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です