先祖追慕礼拝について

ことのはじまりは、2010年5月9日、聖地の特別祈祷室に入って祈祷をした時、神様との感動的な出会いがありました。
祈祷中に「キーン」という大きな耳鳴りがしました。祈祷が終わっても、ずっとそれが鳴り止みませんでした。
私は困ってしまい、一般の祈祷苑でお祈りを続けました。
お祈りの中で問いかけました。「神様、何かお伝えしたいことがおありですか?」
すると「お前は明日から毎日100回の敬拝をしなさい。」と啓示がありました。
私は驚きながらも「はいわかりました。」と言いました。すると、あんなにも大きかった耳鳴りが嘘のように消えたのです。
私は神様との約束を守り、その後毎日100回の敬拝をしてきました。

それから3ヶ月後、8月12日に再び聖地でお祈りしました。
その時は「お前は明日から150回の敬拝をしなさい。」と言われたのです。
それで翌日から150回の敬拝が始まりました。

毎日毎日、一日も欠かさずやり続けてまいりました。
2012年に入って1月22日、聖地でお祈りしました。
すると「お前はこれから毎日6軒ずつ家庭訪問をしなさい。その時必ず祈って行きなさい。」と言われました。
神様は、ただ家庭訪問するのではなく、その家庭に必要な天のメッセージを伝えたいのだと感じました。

そして訪問の3日前から祈りに入りました。
毎日40分その家庭のために祈りました。しかしなかなか天のメッセージを頂けませんでした。メッセージが来たのは、なんと40分ギリギリでした。
この祈祷は苦しい闘いでした。確認の為、当日の朝もう一度40分祈りました。これも簡単に応答がありません。やはり回答が来たのは40分ギリギリでした。
訪問して天のメッセージを伝えるとその家庭は大変喜んでくださいました。

毎日毎日無心になって祈り訪問してきました。
それから2012年11月11日の朝、祈祷していると不思議なことが起きました。
今まで40分祈って、やっと頂いていたメッセージがわずか7分で頂けるようになったのです。これは間違いなく霊界の恩恵と感じました。

そしてその年の末、2012年12月21日聖地でお祈りしていると「お前は来年から命日に訪問して祈祷をしてあげなさい。」と言われたのです。
これが先祖追慕礼拝のことでした。

2013年1月から婦人部長とともにどんなに遠くても訪ねて行きました。
神様は家庭訪問をとても喜ばれ、「神様の愛の連結である。どんな人にも全力投球で行きなさい。」と言われました。黙々と訪問して来ました。
ある時「神様の愛の連鎖ができたよ」とも言われました。始めてから2年半2015年7月31日に800軒の訪問を完遂しました。
皆様の喜びの声が励ましとなって、実行して参りました。

LINEで送る
Pocket

Tagged on: