水子の追慕礼拝をして、大泣きして痛がる娘(小1)の右足の痛みが嘘のように消えました ― 先祖追慕礼拝 体験者の声(7)

■F.Kさん(40才父親 大阪在住)

小1の娘が朝起きた時から、右足の付け根あたりが痛いと言って泣き始めました。
寝てる間にひねって痛めたのかと思い、湿布をして何とか学校に行かせましたが、お昼ぐらいに学校から連絡があり、あまりにも痛がって大泣きするので病院に連れて行って欲しいとのことでした。
近くの整形外科でレントゲンを撮り、診察してもらったら、「骨盤の上のあたりに欠損があるみたいだから、骨折かもしれない、1ヶ月くらい安静が必要」と言われました。その夜も娘は泣き続けていました。
しかし次の日は高橋先生より妻の家系の水子2体いの追慕礼拝をして頂く予定でした。その日、妻と学校を休んだ娘も参加して追慕礼拝をして頂いたら、なんと娘の激痛が何事もなかったようになくなっていました。以前から高橋先生が「水子が救いを求めて、母親の腰や子供にすがって来る」と言われていたのですが、追慕礼拝を通じて娘にすがっていた水子の霊が解放されたのだと確信しました。
その後も娘は痛がることもなく、元気に歩く姿を病院の先生に見せたら「原因は不明だけどとにかくよかった」と驚いていました。
本当に不思議な体験をさせて頂きました。高橋先生、ありがとうございました。

LINEで送る
Pocket

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です